前へ
次へ

賃貸マンションの魅力を感じた結婚生活

主人と結婚したときにマイホームを買おうかと悩んでいましたが、結局賃貸マンションに住むことにしました。もしもマイホームを購入してしまってその場所が住みにくかったときに、引越しするのは大変です。けれども賃貸であれば、何かあっても比較的引越ししやすいはずです。仕事においても主人はまだ役職などに就いておらず給料もそんなにもらえていなかったので、高いローンを組むのもプレッシャーになるのではとも思いました。そこでしばらくは賃貸マンションに住んで様子を見ることにしたのです。マンションを買うのではなく借りることは、新婚夫婦にとって気が楽でした。二人の職場に通いやすい所でマンションを探したところ、賃貸とは言え管理人さんも駐在していてオートロックの所が見つかりました。周辺にはスーパーもあり生活しやすそうです。セキュリティ面でも便利さでも気に入って、その物件を借りました。家賃も5万円台で済み、夫婦して良い所が見つかったと喜んでおりました。いざ住み始めると、やや周りの道路が渋滞しやすいもののそれ以外はとても住みやすかったです。夜は静かですし、幼稚園や学校も近くにあったので子供ができてからも安心だねと主人と話していました。リビングも広くて日当たりも良く、ベランダに出れば海も見えるのです。賃貸でもこんなにいい所があって良かったねと満足でした。新婚生活は慌ただしく過ぎて、5年経った頃に主人が転職することになりました。知人から紹介してもらって良い会社があったのですが、今の家からはかなり遠くて2時間半もかかります。けれどもその会社は条件も良くて、主人はそこに決めたいようでした。そこで思い切って、5年住んだマンションを引き払うことにしたのです。いつかもしかするとこういった環境の変化が訪れるかもと思っていました。それも想定して賃貸を選んだので、引越しするときもそんなに大変ではなかったです。賃貸マンションを選んで正解だったねと、主人と話しました。二人とも賃貸マンションの魅力にはまり、転職先の近所でもまた賃貸にしました。新しいマンションでも、また仲良く夫婦で頑張っていこうと思っています。

Page Top